20191123 世界のサッカートップリーグ 平均年俸ランキング

スポンサーリンク

本日は、2018年のサッカー選手の平均年俸について世界各国のリーグ毎に比較した結果をご紹介します。
これらは各国のトップリーグの平均値であり、合計68のリーグと網羅性は高いといえます。

 

それでは、早速どうぞ。円の単位は、百万円ですのでご注意を。

 

No トップリーグ 平均年収(ドル) 平均年収(百万円)
1 イングランド PREMIER LEAGUE US$3,935,197 425.0
2 スペイン LA LIGA US$2,896,151 312.8
3 イタリア SERIE A US$1,999,865 216.0
4 ドイツ BUNDESLIGA US$1,837,613 198.5
5 フランス LIGUE 1 US$1,302,347 140.7
6 中国 SUPER LEAGUE US$1,051,603 113.6
7 ロシア PREMIER LEAGUE US$877,071 94.7
8 トルコ SUPER LIG US$864,053 93.3
9 ブラジル BRASILEIRAO US$670,740 72.4
10 カナダ MLS (3 OF 23 CLUBS) US$519,883 56.1
11 サウジアラビア PRO LEAGUE US$507,933 54.9
12 ベルギー FIRST DIVISION A US$402,941 43.5
13 メキシコ LIGA MX US$402,566 43.5
14 アルゼンチン PRIMERA DIVISION US$379,054 40.9
15 ポルトガル PRIMEIRA LIGA US$357,540 38.6
16 アメリカ合衆国 MLS (20 OF 23 CLUBS) US$352,992 38.1
17 スイス SUPER LEAGUE US$324,020 35.0
18 オランダ EREDIVISIE US$323,488 34.9
19 日本 J-LEAGUE US$315,043 34.0
20 オーストリア BUNDESLIGA US$233,110 25.2
21 スコットランド PREMIERSHIP US$231,891 25.0
22 ウクライナ PREMIER LEAGUE US$222,682 24.0
23 ギリシャ SUPERLEAGUE US$170,612 18.4
24 デンマーク SUPERLIGA US$158,020 17.1
25 カザフスタン PREMIER LEAGUE US$148,513 16.0
26 イスラエル PREMIER LEAGUE US$143,867 15.5
27 韓国 K LEAGUE US$132,893 14.4
28 オーストラリア A-LEAGUE US$131,485 14.2
29 スウェーデン ALLSVENSKAN US$114,675 12.4
30 インド SUPER LEAGUE US$107,717 11.6
31 ポーランド EKSTRAKLASA US$106,056 11.5
32 クロアチア FIRST FOOTBALL LEAGUE US$105,240 11.4
33 ルーマニア LIGA 1 US$104,992 11.3
34 チリ PRIMERA DIVISION US$98,080 10.6
35 ハンガリー OTP BANK LIGA US$93,180 10.1
36 ノルウェー ELITESERIEN US$86,831 9.4
37 チェコ FIRST LEAGUE US$71,933 7.8
38 キプロス FIRST DIVISION US$69,344 7.5
39 南アフリカ PREMIER DIVISION US$63,039 6.8
40 アゼルバイジャン PREMIER LEAGUE US$61,293 6.6
41 ブルガリア FIRST PROFESSIONAL LEAGUE US$53,631 5.8
42 セルビア SUPERLIGA US$42,210 4.6
43 スロバキア SUPER LIGA US$37,457 4.0
44 ベラルーシ FIRST LEAGUE US$36,783 4.0
45 スロベニア PRVALIGA US$33,519 3.6
46 フィンランド VEIKKAUSLIIGA US$23,055 2.5
47 リヒテンシュタイン NO LEAGUE US$19,154 2.1
48 アイルランド LEAGUE OF IRELAND US$17,380 1.9
49 アイスランド URVALSDEILD KARLA US$15,891 1.7
50 ジョージア EROVNULI LIGA US$15,607 1.7
51 ルクセンブルグ NATIONAL DIVISION US$13,479 1.5
52 アルバニア FIRST DIVISION US$13,195 1.4
53 ボスニア・ヘルツェゴビナ PREMIER LEAGUE US$12,415 1.3
54 マケドニア FIRST FOOTBALL LEAGUE US$12,059 1.3
55 マルタ FIRST DIVISION US$11,919 1.3
56 リトアニア A LYGA US$11,350 1.2
57 ラトビア VIRSLIGA US$8,300 0.9
58 モンテネグロ FIRST LEAGUE US$7,874 0.9
59 北アイルランド NI FOOTBALL LEAGUE US$7,555 0.8
60 フェロー諸島 PREMIER LEAGUE US$7,449 0.8
61 エストニア MEISTRILIIGA US$7,236 0.8
62 ジブラルタル PREMIER DIVISION US$7,093 0.8
63 ナイジェリア PFL US$6,579 0.7
64 アンドラ PRIMERA DIVISIO US$6,526 0.7
65 ウェールズ WELSH PREMIER LEAGUE US$6,313 0.7
66 モルドバ NATIONAL DIVISION US$5,426 0.6
67 アルメニア PREMIER LEAGUE US$3,050 0.3
68 サンマリノ CHAMPIONSHIP US$2,943 0.3

データはUSドルでの数字となっており、これを2019年11月の為替108円/$で計算して円で表記しています。

 

なお、”平均”のため、ある一部の超高額な年棒に引っ張られて数字が上がっているリーグもあると思います。
例えば、日本はイニエスタ選手の32.5億円等に引っ張られて3400万円という数字になっているのですが、
“Median=中央値”では1500万円程度になることにご注意ください。
今回は中央値のデータが入手出来ませんでしたので、平均値でのご紹介としています。

 

さすがプレミアリーグといったところでしょうか、平均で4億2500万円は凄いですね。

 

日本は19位で3400万円です。日本より上位の国は、やはりサッカー強国が多いのですが、
私が注目するのは、
6位:中国、7位:ロシア、8位:トルコ、11位:サウジアラビア、
13位:メキシコ、16位:アメリカ合衆国という
必ずしも日本よりもレベルが高いとは言い切れない国で、
Jリーグよりも給与が高い点です
(トルコやメキシコはレベル高いですが)。

 

これらの国は、物価も考慮すると、日本よりもサッカー選手の給与水準がかなり高くなりそうです。
なお、カナダは米国MLSに参加している3チームの平均値のため高くなっているようです。
一方で57位:ラトビア以降の国は100万円を切っており、トップリーグでもサッカーだけで生活するのは苦しいのかもしれません。

 

単純な年俸比較ではこのようなランキングになりますが、選手が実際どのくらい豊かなのは、その国の物価にも依存します。
次回のブログでは、この点について考察し、世界の中でどの国がサッカー選手の給与水準が高いのか
調査してきたいと考えています。

 

ゆくゆくは、このブログをご覧のサッカー選手が、どの国でプロになるのが”お得?”なのか分かるようになるかもしれません(笑)。
是非お楽しみに。

 

なお、今回の元データはSports Intelligenceという組織が発表した”Global sports salaries survey 2018″を参考にしています。全部英語ですが、興味のある方はご確認ください。
https://www.globalsportssalaries.com/

スポンサーリンク

コメントを残す