2019.10.12 イルハン ワールドカップで人気沸騰したトルコ代表のイケメン

スポンサーリンク

第8回目の助っ人特集は、第7回のトルコ繋がりで、イルハン・マンスズ(İlhan Mansız, 1975年8月10日-)です。アルパイ同様にトルコ代表として活躍しましたが、女性人気が高く、イルハンの方が日本では有名ですね。

 

日本に来るまでの経緯
イルハンはドイツに出稼ぎしていたトルコ人の両親のもとで生まれ、一旦トルコに戻るものの、ドイツでアマチュアのサッカー選手となります。
ユースレベルでは活躍を見せ、1.FCケルンのユースまで移籍したものの、結局トルコでプロデビューを目指します。ゲンチレルビルリイに入団しましたが、トルコ語が苦手であったことや、椎間板ヘルニアにより殆ど出場機会を得られず、苦悩の日々を過ごします。しかしその後、トルコ国内でのステップアップに成功し、2001年にベシクタシュで21得点を挙げ得点王になります。
その活躍により2001年からトルコ代表に選出され、2002年の日韓ワールドカップメンバーに選出され、チーム最多の3得点を挙げ3位躍進に大きく貢献しました。

セネガル戦のゴールデンゴールのシーンを見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=ZyOQ-tAL5Gk

 

日本での活躍
ワールドカップでの活躍により日本でフィーバーを起こしたイルハンは、ヴィッセル神戸に入団することになりました。
現在の神戸に、ポドルスキ、ビジャ、そしてイニエスタといったスター選手が在籍していますが、その先駆けとして三木谷社長がスカウトしたのです。
移籍金5億円、年俸3億5千万円の2年契約、とワールドクラスの待遇でしたが、古傷が再発したことで結局3試合しか出場せず、完全に期待外れという結果になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=v6tGl6RGUjI

すごく特集されていましたが、残念としか言いようがない結末でしたね。結局ヴィッセル神戸からは解雇されました。

 

日本を去ってから現在
日本の後は、ドイツのヘルタベルリンを経てトルコのクラブに所属しますが、怪我により出場機会を得られず、2006年に引退します。
サッカー引退後はなんとフィギュアスケート選手を目指します。きっかけはテレビ番組の企画で出場した2008年の大会で、未経験の状態から優勝してしまったためです。
2010年のソチオリンピックにペアでの出場を目指しましたが、かなわず2013年に引退。その後は、国内で俳優としてドラマにも出演していました。

https://www.youtube.com/watch?v=37kCfRogrUg

2分40秒以降に引退後の映像があります。なんかコメディアンみたいなこともやっているんですね。。。

サッカー選手としての活躍期間は長くないですが、イケメンであることで非常に印象に残る選手と言えます。

スポンサーリンク

コメントを残す