2019.08.02 世界各国のサッカー プレー比率ランキング

スポンサーリンク

前回に引き続き、Nielsen Sportsの記事を紹介します。
今回は「実際にサッカーを週1回以上プレーしている人の割合」の世界30か国のランキングです。

 

人気ランキングに引き続きナイジェリアが1位です。
しかし、65%って、、、かなり疑わしいですね。
これだとナイジェリアの男性全員が週1回サッカーしていても足りないです。
かなり偏りのある統計になっているのでしょう。

今回も、総人口をかけて、サッカー従事者のランキングに変更します。

今回は中国は1位ではなくなり、インドがトップになりました。
インドはサッカー人気が急上昇中で、デルピエロやロベルト・カルロスなども数年前に参画しました。
日本人では”遊佐克美”という元広島の選手がスーパースターになり、日本でその活躍が特集されたこともあります。
遊佐選手のインドでの年棒は約2000万円と言われています。インドの一般人の月収が3万円程度であることを考えると大成功者と言えますね。

また上の表を素直に読むと日本はサッカープレーヤーが800万人ということですが、やはり多すぎますね。
集計の前提が書いていなかったので、今後分かったらページに追記しておきたいと思います。
また、フランス。スペインとはサッカー人口が殆ど変わりません。代表の実力には差があると思いますが、競技人口が同じなので、今後彼らのサッカー文化・育成方法を学んでいくことで日本もフランス・スペインのレベルに追いつけると勝手に考えています。

スポンサーリンク

コメントを残す